路上スカウトがメインのお店


2016年06月28日 13:48


路上スカウトから成り立っているお店

キャバクラって夜の世界の水商売だけに、とっても怪しいイメージがありますよね。
実際に危ないお店もとっても多いです。。。
いくつか危ないお店の例を紹介しますね。
まず、働いているキャバ嬢の多くが路上スカウトから成り立っているお店は危ないと考えてよいでしょう。
そもそも路上でキャバ嬢にスカウトする行為は法律で禁止されているのですから、良いお店な訳がないですよね。
さらに、しつこいスカウトに負けてキャバ嬢になったとしても、本人にそれほどやる気がないので長続きしないため、人の入れ替わりが激しいんです。
そんなお店がしっかりとお客様に接客できるはずもありません。

稼げればどうでもいいという考え

全てのスカウトマンに言えることではありませんが、スカウトマンの基本的な思考回路は「自分さえ儲けれれば他人はどうでもいい」というものです。
人の迷惑をかえりみず水商売に興味のない子にまで路上でガンガン声をかける、警備員の目を盗みながらショッピングモールの敷地内や駅構内でスカウトする、こんな行動が物語っています。
「稼げる店を紹介するよ」なんて言いながら、頭の中では「俺の金のために働け!」と考えているんですね。
だからこそ自分で体入ドットコムを使って、安心なお店を探したほうが良いんですね。