お店のページが無いお店

2016年08月28日 14:10


ホームページはお店の顔

また、お店のホームページがない、あるいはホームページに役立つ情報がほとんど掲載されていないお店は危ないと考えても良いでしょう。
いまではパソコンやスマホでインターネットを使えるのが当たり前になっていますので、優良な店舗は集客方法や採用手段としてホームページを重要なものと位置づけています。
ホームページではお店へのアクセスや電話番号などの連絡先はもちろんのこと、お店で働くキャストや店内の紹介を写真付きで載せたり、クーポンなどを掲載しています。
また、求人情報もわかりやすく掲載し、応募しやすいように工夫したりしています。
このようにキャバクラにとって、ホームページはお店の顔とも言える大切なものなんです。

必要な情報を掲載していないお店はNG

それがないお店というのは、何かやましい事情があるお店、例えば無許可の可能性があるなどの危ないお店といってもよく、働き先としては避けたほうが無難です。
またホームページがあったとしても、お店への連絡先の記載、キャストの紹介写真やお店の外観や店内の写真がないといったように、最低限必要な情報を掲載していないお店も避けたほうがよいでしょう。
体入ドットコムなどキャバクラの求人サイトで求人情報を見つけたら、まず最初にお店のホームページを確認したほうが良いですね。


電話対応が雑な店は避けた方がいい。

勤務2年目 彩菜さん(20代)

危険なキャバクラ店で実際に働いた事があるとの事ですが、詳細を教えてください!

体入などで色んなキャバクラに行きましたが、体入申し込みの電話対応が雑な店はほとんど良くないお店でした。
話し方の感じが悪いお店は、キャバ嬢に対する態度も悪いです。

あと、細かい説明もなく「とりあえずいいから面接来て」みたいなお店も、実際に働いてみると給料の計算も適当だったりミスが多かったりして大変でした。
キャバクラのお店選びをするときは、電話対応がきちんとしているお店を選ぶといいと思います。


  • 1